HOME 東京都私的病院厚生年金基金
 受けられる年金・一時金
基金から受けられる年金・一時金
 将来、皆さんが基金から受けられる給付は条件により異なります。
 詳しい内容をご覧になるには、下表をクリックしてください。
給付の種類 条件(おもなもの) 概要
基本部分 基本年金 加入期間1か月以上で退職したとき 65歳(生年月日によって60歳〜64歳)になったとき、又は当基金に加入後、国の老齢厚生年金を受けられるようになったときに受給
加算部分 加算年金 加入期間10年以上で退職したとき 65歳(生年月日によって60歳〜64歳)以上で基金を脱退するか、基金脱退後65歳(生年月日によって60歳〜64歳)になったとき、又は国から老齢厚生年金を受けられるようになったとき、又は国から老齢厚生年金を受けていた人が10年の加入期間を満たしたときに受給(15年保証付終身年金)
選択一時金 加入期間10年以上の人が加算年金に代えて一時金を希望したとき 加算年金相当額を一時金で受給
退職一時金 加入期間3年以上10年未満で退職したとき 退職時に一時金で受給(希望者は将来に年金化しての受給も可能)
遺族一時金
A 加入期間3年以上で在職中に死亡したとき
B 加算年金の受給資格者が受給前に死亡したとき
C 加算年金受給者が受給開始後15年未満に
死亡したとき
死亡時に遺族に一時金を支給(ただしCについては15年分の年金相当額からすでに受給されていた年金額を控除して支給)